転職サイトのカンゴシーズ【ナース最新版】

ナース求人のためのカンゴシーズ、求人精到ナビサイト!

【1位】ナースフル

■リクルートグループが運営する高給与求人たっぷりのサイト
転職大手のリクルートグループだから、独自の高条件の求人が豊富!人気のレア求人も?!
対応力:★★★★★
求人数:★★★★★
お勧め:★★★★★

▼無料で求人情報をもらうナースフル

 

【2位】看護のお仕事

■今なら転職祝い金12万円がもらえる!
転職に成功するとお祝い金として最大12万円もらえます!コンサルタントの丁寧なサポートも人気の秘密。
対応力:★★★★★
求人数:★★★★☆
お勧め:★★★★★

▼無料で求人情報をもらう看護のお仕事

 

【3位】ナースではたらこ

■年中無休・24時間電話対応可能!ナースではたらこならではのサポート
最も多くの医療施設の求人を扱っていると言われており、最大10万円の転職支援金も魅力です。
対応力:★★★★☆
求人数:★★★★★
お勧め:★★★★☆

▼無料で求人情報をもらうナースではたらこ

 

【4位】ナース人材バンク

■ナース転職業火の老舗
ナース人材バンクは都心だけでなく地方での転職者にお勧めです!
対応力:★★★★☆
求人数:★★★★★
お勧め:★★★☆☆

 

【5位】CBネット

■ナース専門のコミュニティページも大人気!
転職診断ツールであなたのお悩み解決
対応力:★★★☆☆
求人数:★★★★☆
お勧め:★★★☆☆

 

以上、  カンゴシーズでした。

 

happyアンジュ!web【ナース求人・公式版】

「ナース求人 happyアンジュ!web」の人気転職ランキング。3サイト程度に無料登録で使い比べがおすすめ!

【1位】 ナースフル

■転職のプロ集団!もっと輝け、ナース人生!!
転職に関しては譲らない!信頼度、認知度第1位のリクルートグループ運営『ナースフル』!就職や転職だけではなく今話題の『認定看護師』への道も、しっかりとサポートしてくれます。

↓↓ 無料登録で求人情報をもらう ↓↓ナースフル

【2位】 看護のお仕事

■楽しいナースライフ…それが『ナースライフバランス転職』
日本看護協会も推進する『看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ事業(WLB事業)』!看護師が働き続けられる環境作り…辛いだけのナースライフがここから変わります!!

↓↓ 無料登録で求人情報をもらう ↓↓

看護のお仕事

【3位】ナースではたらこ

■看護師さんの「幸せ」を最優先に!
看護師専門転職サイトの先頭を走り続ける有名看護師転職支援サイト『ナースではたらこ』。その実績と安心感は『看護師人材紹介部門顧客満足度第1位』を獲得し、今後も多くの看護師の助けになる事間違いなし!

↓↓ 無料で求人情報をもらう ↓↓
ナースではたらこ

【4位】CBネット
■!看護師のみなさんに納得の転職・就職を!
会員登録者数は25万人以上!『転職支援サービス』と『スカウトシステム』を利用して納得の転職を!また看護師日勤OKの求人特集も必見の価値あり!夜勤に苦しむナースライフにさよならを!!

【5位】 看護roo!
■口コミ評価で大人気の信頼度第1位サイト!
求人数が多く、フォローも充実しているので面接の内定率の高さが魅力の一つ!利用者は10万人を突破しており、年収600万円以上の求人も豊富です。

「求人・募集コミュニティcom公式」が提供する人気の看護師転職サイト情報でした。

 

「happyアンジュ!」に届いたサイトごとの口コミ情報です。

【1位】看護ルーの口コミ情報

■リゾート地で勤務出来て嬉しいです!
「人間関係の悪化から転職を決めたのですが、看護師専門転職支援サイトは知っていたものの利用するのは初めてで、どこが良いか悩んでいましたが25周年を超える歴史と実績のある『ナースパワー』を選ぶ事にしました。

『看護roo!』では他のサイトにはない独自の制度があり、条件さえ満たせば月収45万円以上のものや、離島、沖縄応援ナースなどのサービスを行っていました。

滅多に遠出しない事とリゾート地の魅力に惹かれて沖縄応援ナースを申し込んでみました。

期間的には短期ですが実際に沖縄に来てみると仕事の意欲と遊びの意欲に溢れてきます!

今はまだ沖縄の医療機関で働いていますが仕事にもやりがいを感じています。

休暇もしっかり取れますし沖縄を満喫していけるので最高ですね!」(29歳・女性)

■憧れていた夜勤なしの職場へ転職
「看護師の資格を得て社会出て約15年になります。

今ではそれなりの役職を貰い仕事に打ち込んできたのですが、入社時から15年間看護師の人材不足によるハードスケジュールやランダムなシフト体制の改善を求めているのですが、結局大きな変化もおきないまま現在に至っています。

就職してくる看護師も離職率が高く、正直私はこのまま看護の仕事を続けられるだろうかと、不安に思うようになっていました。

そんな時にインターネットで見つけたのが『看護ルー』でした。

先行きに不安を感じていた私は登録をして転職はひとまず保留する形で相談してみたのです。

すると実際に私と同じような悩みを持った看護師も多いらしく、改善が見込めない場合には転職して良かった、との言葉もあると言われました。

またこのまま仕事を続ければ看護師としての仕事自体に支障が生じる可能性があると言われ、一念発起で転職する事を決意しました。

現在では『看護ルー』さんのおかげで新しい転職先も見つかり、またキャリアを認めてもらい給与や待遇面でも優遇してもらえたので大満足です!」(40歳・女性)

 

<hr />

&nbsp;

&nbsp;

【2位】 看護のお仕事の口コミ情報

■色々と勉強になりました!
「今までも何度か転職を繰り返してきたのですが看護師専門転職支援サイトである『看護のお仕事』を利用した事で学んだ事が沢山ありました。

まず転職は慎重に行うようにする事で、私のように不用意に転職を繰り返すと職歴に傷を作ってしまうと言われました。

これは少し考えれば分かる事なのですがいくら人材不足になっている看護師とは言え、信頼されなければ就職も上手くいかなくなります。

また仕事の為に自生活を犠牲にするような働き方も注意するよう教わりました。

それまでは求人誌などで探していたのですが、何故もっと早くに『看護のお仕事』のようなサイトを利用しなかったのか後悔しても後悔しきれません。

教えてもらったように慎重にコンサルタントが選んでくれた求人を見て、この職場なら一生働けると心から思ったところを選びました。

幸いにも面接で内定を取る事が出来ましたし同行して交渉を代行してくれた担当の方に、本当に心から感謝しています!」(31歳・男性)

■夜勤なしの好条件求人を紹介してもらえました!
「夜勤のある医療機関であればどこも大きな差はないと思いますが、私が働いていた職場では日勤だったり夜勤だったりと不規則なシフトで組まれていました。

最初こそはまだ良いのですがそれがずっと続くとなると身体的にも、何より精神的にも看護の仕事に嫌気がさすような気がして転職する事を決めました。

自分の職場だけ特に酷いと言うわけではないと思いますが、看護師の仕事をしててその仕事にストレスを感じるようになっては本末転倒だと思ったのです。

口コミなどでも評価の高い看護師専門転職支援サイトである『看護のお仕事』に登録して、現在の悩みや可能であれば夜勤のない医療機関で、かつ給与面でも大きな差がないところ…と我ながら非常に我侭な希望だとは思いますが、なんとその条件で4つの求人案件を紹介してくれました!

その中で職場の雰囲気などを聞き、自分に合っていると思った医療機関に転職しました。

今では夜勤もなく日勤のみで働く事が出来ますので、仕事にもやりがいを感じています」(42歳・女性)

<hr />

&nbsp;

&nbsp;

【3位】 ナースフルの口コミ情報

■就職時自分がどんな風になりたかったのかを再確認出来ました
「とある医療機関に勤務して8年弱経ちますが、転職しようと決めていた訳ではなく漠然としたものだったと思います。

来る日も来る日も機械のように働き続ける現状に不満があったのかも知れません。

そんな時にふと目にしたのが『ナースフル』でした。

登録も無料で相談だけでもと利用をしたのですが、今ではそれが大成功の転機だったと思います。

相談したキャリアアドバイザーから「どうして転職したいのか?転職してどうしたい、もしくはなりたいのか」を考えるように言われて考えてみると、看護師として社会に出てなりたかった看護師像が明確になったのです。

それをきっかけに転職の意識が明確になりキャリアアドバイザーとの相談の上、転職先を探してもらう事を決意しました。

勿論急に退職すれば働いている職場や同僚に迷惑が掛かるので、一ヶ月後に退職する意思を伝え身辺整理を行い職場を退職し、すでに空いた時間で面接を行い内定の決まっていた職場へと働く場所を移しました。

現在では将来への展望や未来像を追ってキャリアアップをしている最中ですが、目標がはっきりとした分だけ心なしか仕事に張り合いがある気がしています」(35歳・男性)

■夜勤のない日勤のみの日常に大満足!
「ハードワークで知られる看護師ですが、そこに夜勤が加わるとその過酷さを更に増したかのような気分になります。

私の勤務していた医療機関では夜勤を理由に退職していく人も少なくはありませんでしたし、私もそれには同意出来る点も少なからずありました。

とは言えいくら社会的に人材不足と言われる看護師でも、退職してから転職先を探すには効率が悪いですし、収入がなくなる期間は避けたいのが本音です。

そこで転職のプロフェッショナル、リクルートグループが運営している看護師専門転職支援サイト『ナースフル』を利用しようと思いついたのです。

会員登録からサポート開始、希望の職場から面接日の段取り、同行交渉まで非常にスムーズに済み現在では日勤のみの医療機関で働いています。

やっぱり昼働いて夜休むのが一番ですねっ!」(37歳・女性)

<hr />

&nbsp;

&nbsp;

【4位】 ナースではたらこの口コミ情報

■不定期勤務の職場から日勤のみの職場に転職出来ました!
「今まで私は規模の大きい総合病院に看護師として勤務していました。

夜勤のシフトにも入れるようになり夜勤も交えながらシフトを組んでいくようになったのですが、余りにも不定期なシフトで寝不足や過労から心も身体もボロボロになっていたような気がします。

このままでは良くないと思ったのですが、転職先をすぐに探せるかどうかも分からず悩んでいました。

同じような悩みを持っていた友人に聞いたところ看護師は人材不足で求人が多いとの話を聞き、その折に有名な看護師専門転職支援サイト『ナースではたらこ』を紹介してもらいました。

登録方法も簡単で登録後すぐに受付の方から電話があり、それから専任で求人を探してくれるコンサルタントとの対面相談を行い、出来れば夜勤のない職場を希望する事を伝えたら即断で「任せてくださいっ!」と言ってくれました。

それから数日中に希望通りの求人を5種類ほど揃えてきてくれて、専任のコンサルタントとの検討を得て希望した医療機関への面接の段取りをお願いしました。

驚いた事に面接にもコンサルタントが同行してくれて、聞きづらい給与面や勤務形態を代行してくれたのが好印象でした!

今では新しい職場で働いていますが、夜勤がなくなっても給与面でそれほど影響がなく、毎日仕事にやりがいを感じています。

『ナースではたらこ』と担当してくれたGさんに大感謝です!!」(32歳・女性)

■転職に成功してキャリアアップ支援金まで貰えました
「夜勤シフトや人数不足による過酷労働、何よりもそれによる人間関係の悪化についていけずに、転職を決意して転職先を探すようにしました。

『ナースではたらこ』は看護師専門転職支援サイトの中でも非常に有名で評判が良く、私もすぐに登録して転職の相談をしました。

転職自体はすぐに決まったのですが、なんと丁度キャンペーン中だったらしくキャリアアップ支援金を30万円も頂けてびっくりです!」(29歳・女性)

<hr />

&nbsp;

&nbsp;

【5位】CBネットの口コミ情報

■非常に丁寧に対応してくれました
「私は転職する事が初めてだったのですが、『CBネット』に登録し相談したところ本当に親身に話に乗ってくれました。

初めての転職の不安なども強かったのですが専任のコンサルタントの方が頼りがいがあり、優しくも力強く後押しをしてくれて凄く嬉しかったです。

転職理由が人間関係だったので新しい職場にも不安がありましたが、コンサルタントの方が実際に職場に行って雰囲気や人間関係を伝えてくれましたし見学する事も出来ましたので、面接前に勤務するイメージを掴む事が出来ました。

無事人生初めての転職を終わった後も専任してくれたコンサルタントからアフターフォローを兼ねた連絡があり、色々と相談に乗ってくれています。

転職だけではなく就職する人にも是非お勧めしたいと思います!」(37歳・男性)

■身体的に不安があったのですが無事復職出来ました
「出産に伴い職場を離れたのですが、育児にも余裕が出来てきたので看護師として復職しようと考えましたが、出産してからやや病気がちになってしまい体調的な面で不安がありました。

また出産、育児によるブランクも懸念材料にあったので物怖じしていました。

そんな時に知ったのが看護師専門転職支援サイト…中でも口コミや評判が高い『CBネット』です。

駄目もとで登録して相談してみたのですが、ブランクや体調面の事も含めつつ求人を希望する形を取って、3日後に連絡があり体調面とブランクがあっても安心して働ける職場を紹介して頂き、本当に感謝の言葉もありません。

出産による離職や退職から復職を考えている人は、一度『CBネット』を利用して頂ければと思います。

本当に有難う御座いました」(48歳・女性)

 

以上、らくらく求人募集ランキングに届いた口コミ情報でした。

転職サイトの番付表2014【ナース公式】

3サイトに登録がBest!ナース 転職サイトの番付表2014なら全て無料で転職サポートが受けられます。

【1位】ナースフル

■人気No.1!リクルート運営なので高給与求人がたくさん!
転職大手のリクルートグループだから、独自の高条件の求人が豊富!人気のレア求人も?!
お勧め度:100点

▼無料で登録するナースフル

 

【2位】看護のお仕事

■転職しただけで最大12万円もらえちゃいます!
転職コンサルタントの丁寧で親切な対応が魅力。転職完了するとお祝い金として最大12万円がもらえます!コ
お勧め度:95点

▼無料で求人情報をもらう看護のお仕事

 

【3位】ナースではたらこ

■楽天リサーチにて2年連続満足度No.1!
求人数が業界最大のナースではたらこなら、あなたにピッタリの転職先が見つかるかも!
お勧め度:95点

▼無料で求人情報をもらうナースではたらこ

 

【4位】CBネット

■看護師専門のSNSサイトやコミュニティが大人気!
看護師同士が匿名で語り合うSNSサイトが人気で、仕事や転職以外に恋や人間関係のお悩みも解決してくれるかも?!
お勧め度:70点

【5位】看護roo!

■転職経験者からのリピート者多数の大人気サイト!
利用者の96.2%が満足と回答した看護ルーは関東・関西・東海エリアでの転職者におすすめ!
お勧め度:70点

 

看護師求人厳選3社9月 では転職経験者である多くのナースの先輩から口コミ情報を頂き、ランク付けしています。ご要望や口コミ情報などあればコメントにて頂ければ嬉しいです(^^)

ナース 転職サイト番付表2014より

保育所に就職・転職する

↓看護師に人気の転職ランキングはこちら

WS000001

 

 

■保育所・乳児院で働く
夜勤なし、日勤のみで求人を探している方にお勧め出来る職場の一つが保育所、乳児院で働く事だと言えますね。

仕事のシステム上夜勤はありませんし日勤のみで安定した仕事を続ける事が可能です。

勿論看護師としての資格を活かして、小さな子供たちの健康状態をこまめにチェックし、問題がありそうだと判断した場合は素早く対処する事が必要となってきます。

忙しい仕事ではありますが、子供好きな方であれば是非とも一考してほしいところです。

特に乳幼児のお世話となると自分の一挙一動が小さな命に関わってきます。

ですが言い換えればそれは仕事へのやりがいにもなりますし、これから育っていく命を見守っていく事はこの仕事ならではの感覚だと言えるでしょう。

■看護師は保育所でも大活躍
子供が元気一杯で遊んだりする保育所ですが、勿論ここにも看護師を求める声が沢山あります。

ちょっとした怪我なら…と思っていても化膿などの心配から、看護師のように看護のプロに診てもらう事が望まれています。

別項で扱った産業看護師同様、保育所などの施設でも看護師を求めているのです。

子供が好きな方であれば尚お勧め出来る職場だと言えますね。

勿論夜勤などの業務もありませんので日勤、夜勤なしの求人をお探しの方にもお勧めです。

■学校の教諭に近い感覚
命を見守り育み慈しんでいく…人間としても看護師としても名誉ある仕事ではないかと思います。

また保育所勤務などであれば元気に遊んでいた子供達が卒業し、人間として成長していく姿を見る事になりますので、感覚的に学校の教諭の気持ちに近いとも言えるでしょう。

看護師として働くのは何も医療機関だけに限りません。

これからも看護師として社会に貢献する為には視野を広く持ち、無理のない働き甲斐のある職場を選ぶようにしたいですね。

診療所・クリニックに就職・転職する

■開業医・クリニックで働く
同じ医療機関でも病床の数によって区別される事は別項でも扱っていますが、一般的に20床以下の医療機関をクリニック、医院と呼ばれています。

大きな違いはやはり業務時間、拘束時間の違いだと言えるでしょう。

日勤のみ、夜勤なし、残業なしなどの希望がある看護師であれば、是非ともお勧めしたい職場だと言えます。

ただし人気相応に求人数は多いものの希望する看護師も多く、看護師専門転職支援サイトを通さずに探していてはまず見つからないと言えるでしょう。

また人気があるが故に非公開となっている場合がありますので、非公開求人も閲覧する事が出来る会員になっておく事は必須事項だと留意しておきましょう。

■簡易的な診療を受け持つ場合も
病院のように大規模ではないクリニックや開業医のところでは、医師の指示を受けて簡易的な診療を行う場合もあります。

最初から難しい事を指示される事はありませんが、ある程度の経験やキャリアがある場合は医師に代わって診療するケースも想定しておきましょう。

看護師の資格の中では医師の指示に沿って業務をする事が認められています。

当然診療ミスなどは許されませんので自分自身でも勉強をして、スキルアップを図る必要が出てくる場合もありますので、予め留意しておきましょう。

■受付から掃除まで担当
規模の小さい医療機関では受付から医師のサポート、掃除まで看護師とは言えしなければならず、その業務内容は非常に沢山あります。

その分拘束時間が短めとなっていますから、夜勤なしで働いていく上でこなさなくてはならいものだと覚えておくと良いでしょう。

夜に時間を取りたい、特に育児をしながら看護師として勤務したい場合などには、是非とも選択肢に入れておきたい職場の一つだと言えます。

訪問看護施設に就職する

■訪問介護で働く
別項で扱った社会福祉施設や老人施設同様に、少子高齢化の影響で今非常に注目を集めているのが、訪問介護のお仕事です。

自分では病院に通う事が出来ない方や身体障害を持っている方のお宅を訪問し、身の回りの世話や家族に介護の仕方などを指導していく事が業務内容になります。

特に高齢になってくると動く事すら満足に行えない場合が多く、入浴や食事、排泄などの世話を受けなければ生活出来ない人が沢山います。

訪問介護はホームヘルパーの資格を有している方でも職務に就く事は出来ますが、その仕事内容には範囲が決められており、医師のサポートや資格と知識を有する看護師は必須な人材なのです。

内容的に夜勤なし、日勤のみを希望する看護師にはうってつけの職場だと言えるでしょう。

■届けるのは介護と真心
訪問介護に必要なのは経験や知識もそうですが、何よりも欠かせないのは丁寧な介護とそれに込める真心だと言えます。

高齢となって動けない方にとって訪問介護とは、介護だけではなく話し相手もしてくれますので、中には訪問してくれる日を楽しみにしている方も非常に沢山います。

また一人ひとり必要な介護内容は異なる事もありますので、スムーズに介護をする事を含めても介護者と絆を持つと言うのは大切なものと言えますね。

訪問介護をする看護師は要介護者から見ると、言わばもう一人の家族だとも言えるでしょう。

無論看護師はいずれの職場でもそうですが、必要最低限のコミュニケーション能力を求められます。

せっかく訪問介護に来てくれても不愛想にしていては、介護を受ける側も安心する事が出来ません。

繰り返しになりますが届けるのは『介護』と『真心』です…それをしっかりと留意しておきましょう。

社会福祉施設に就職する

■社会福祉施設で働く
少子高齢化が進む現代社会福祉施設士だけではなく、福祉施設、老人施設など多くの社会福祉施設で看護師を求める声があがっています。

やはり国家資格である看護師の資格を有する人の能力は欠かせないものであり、病院などと異なり専門の医師がいるわけではありません。

それだけに求人募集も非常に多く、病院などの医療施設と並んでその募集規模は全国に渡っています。

ハードワークで知られる看護師ですが社会福祉士施設で勤務する場合にも、その例外ではない事が多いようです。

特に専門の医師がいない以上受け持つ事になる仕事内容は多くなっており、複数の人々を同時に診なければなりませんので、その負担も決して少なくはないのです。

もっとも病院に比べれば…と言う声もあり日勤を希望、夜勤なしを狙っている看護師には非常に魅力ある職場だと言えるでしょう。

■キャリアを有効的に活かす事が出来る
社会福祉施設で勤務する場合それまでの経験や実績が役に立つ事が多くなっています。

転職してきた場合前の職場で得てきた経験やキャリアを活かす事が出来ますので、それまでの看護師とは違う視点で勤務する事が出来ます。

勿論経験がなくても看護師と言う存在は非常に大切なものであり、未経験だからと言って内定が取りづらい…なんて事はありませんので安心して下さい。

また社会福祉施設などに転職した時に、自分のスキルを上げる事を目指すのもありでしょう。

スキルアップする事で将来への安定を高める事が出来ますし、社会福祉士の資格を取って本格的に打ち込んでみるのも悪くはありません。

夜勤なし、日勤のみの職場を探している場合、こう言った人気求人は非公開になっている可能性があります。

ですので看護師専門転職支援サイトを利用する時には、会員に登録する事を推奨致します。

事業所・保健所に就職する

↓看護師に人気の転職ランキングはこちら

WS000001

 

 

 

 

■事業所・保健所で働く
看護師の働く場所は何も医療機関や病院だけに限りません。

特に大企業と言われるところでは会社内に医務室を設けている場合も多く、そこで適切な対応をしたりメンタル的なケアをしたりと、看護師が必要とされているのです。

尚一般にはこう言った勤務形態の看護師を『産業看護師』と呼ばれる場合もあります。

特徴的なのは病院などの医療機関とは異なり、働いている従業員の精神面を支える点です。

病院などの医療機関でもコミュニケーション力は必要ですが、企業での看護師は基本的に患者とマンツーマンで接する事になりますので、より高い社交性やコミュニケーション力が必要となります。

就職、転職後の定着率も高く日勤を希望する看護師には、とてもお勧め出来る職場だと言えますが、それだけに求人数は多くありませんので見つけた時は早めの対応を心掛けましょう。

また保険所で勤務する事も看護師の働くスタイルの一つと言えます。

■保健師との連携で活躍
良く赤十字の血液センター、法人の健康診断などで見かける看護師が保健所での、極めて代表的な業務形態だと言えると思います。

地域住民との交流も多く如何にしてその人達が健康に、そして快適な日々を過ごせるかを考えてサポートしていくのが特徴と言えます。

業務上保健師と一緒に仕事をする事が多くなりますし、保健師と看護師がそれぞれの分野で活躍する事が働いていく上で欠かせないポイントとなってきます。

日勤希望であれば上記の産業看護師同様、非常にお勧め出来る職場ですね。

また看護師の資格だけではなく保健師の資格を得る事で、活躍出来る範囲が大幅に広がりますから、キャリアアップを考えてみるのも選択肢としてありだと言えますね。

病院で働く

■病院で働く
看護師と言えば病院、とすぐに連想出来るほど有名な就職先です。

クリニックと病院の違いは病床の数で異なっており、20床以上ある医療施設を総じて『病院』と呼ばれるようになっています。

勿論病院は24時間患者の様子やケアをしていますから、日勤だと難しいんじゃ…と思われるかも知れませんが、入職時にきっちりを決めておく事で常用日勤として勤務する事も決して不可能ではないのです。

面接時にその点をしっかりと確認、合意を得ておく事が望ましいですが、内定を得る為に言わずじまいで入職してしまった…なんて事を思い当たる人も多いと思います。

そこで活用して欲しいのがここでも紹介している『看護師専門転職支援サイト』なのです!

面接時の日程合わせから実際の面接に同行して代行交渉まで行ってもらえるところを選び、
後々夜勤などで揉める事のないようにしておきましょう。

またアフターサポートが万全なところであれば入職、転職後も気軽に相談する事が出来ます。

■ハードワークをやりがいでカバー!
病院は病床の数が多い=入院患者が多いとなっており、社会問題としても上がるほど業務内容は過酷なもので知られています。

日勤でもその例に漏れず仕事内容の過酷さは変わりませんが、だからこそ『やりがい』があると言えますし、ハードワークで知られる病院でも辛いだけではありません。

それは患者やその家族から渡される『感謝の気持ち』です。

ほんの些細な一言でも『ありがとう』と言ってもらえる事は何よりの報酬ではないでしょうか?

特に看護師を目指した時にはそういう風になりたいと思っていたと思います。

過酷な業務内容ながらもそこで得られるものは、何物にも代えがたいものだと言えるでしょう。

その『やりがい』を胸にして働いていく事こそが、病院での勤務に必要だと言えます。

 

潜在看護師とは

■潜在看護師とは
現代社会では看護師の人材不足と言う深刻な問題がありますが、その解消の一手になると言われているのが『潜在看護師』の存在です。

あまり聞かないものかも知れませんが潜在看護師とは、出産や育児によって離職した、または体調不良により一時的に職場を離れて、そのまま復職出来なかった『看護師免許』を有している方々の事で、日本全国で約55万人以上いると言われているのです。

もしもこの潜在看護師が復職出来れば看護師不足の問題も改善されるかも知れません。

ですが事はそう簡単にはいかないのです。

■ブランクに対する不安
看護師として勤めている間は良いですが一度離職して、看護師としての業務に対して時間が空けばそれだけブランクに繋がる事になります。

特に近年の医療は日進月歩と言われており、離職してる間にも新しい術式や処方がどんどんと作られていきます。

それに対する不安、更には注射や点滴などもブランクが空けば、自分のスキルに不安を持って当然だと言えるでしょう。

また離職してる間に人間関係の変化なども起こる事は十分にあり得ますし、以前に勤務していた時のまま…とはいかないのです。

■潜在看護師の為の復職プログラム
上記のような理由で復職する事に物怖じする方も多い中、看護師不足改善の大きなカギになる潜在看護師をどうにか安心して復職出来るように、各医療機関や看護協会が動いています。

それは『潜在看護師復職プログラム』とも言われており、これによって看護師の実践訓練をやり直しブランクによる不安や、技術の低下をカバーすると言うものです。

こうして看護師としての自信を取り戻す事で、数多くいる潜在看護師が復職出来るように様々な試みが行われています。

認定看護師とは

■認定看護師とは
別項でも出てきたと思いますが看護師の中には、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する事を認められた者…『認定看護師(CN=Certifled Nuse)』というものが存在します。

無論その性質上簡単になれるものではありませんし、それ相応の経験や知識、技術が必要となってきます。

また認定看護師が関わる事の出来る認定看護分野は21種類も特定されており、一例では『救急看護』や『皮膚・排泄ケア』、『緩和ケア』、『新生児集中ケア』など多くの分野で、認定看護師は活躍する事が出来るのです。

他にも特定される認定看護分野は増える可能性があり、認定看護師の必要性がより広がっていくと言えるでしょう。

■認定看護師の概要
認定看護師には3つの役割を担うとされており

1.実践・個人・家族・集団に対し、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践

2.指導・看護職に対して看護実践を通し指導

3.相談・看護師に対するコンサルテーション

…以上のような分野での活躍を期待されています。

■認定看護師の養成と認定
認定看護師になる為にはその条件として『日本国の保健師、助産師および看護師のいずれかの免許を有しており、実務経験が5年以上(うち3年は認定看護分野の経験)が必要』となっています。

上記の条件を満たした上で『認定看護師教育機関(2007年7月時点で23施設)で認定看護分野に応じた認定看護師教育課程(6ヶ月・600時間以上)を終了し、認定審査(筆記試験)に合格する事で認定看護師認定証が交付されて初めて認定看護師として登録される』ように定められています。

今では多くの看護師、助産師や保健師がスキルアップを目標としており、認定看護師教育機関の数も年々増加しているのです。

看護師の業務内容について

■看護師の業務内容
総合病院など病床の数が多いところで勤務している場合、朝から夕方の日勤、夕方から深夜までの準夜勤、深夜から朝までの業務を受け持つ深夜勤と言う風に分かれています。

例外として上記のような3交代制ではなく2交代制で行っている医療機関もありますが、その場合は夜勤の人が16時間担当していますので、日勤の就業時間は大きく変わらないようになっています。

もっとも16時間もの時間を拘束される2交代制の夜勤組の負担は半端ではなく、昼間に比べて少ない人数で多くの患者を受け持つ必要があります。

ナースコールが鳴ればすぐに駆け付け、体勢的なもので睡眠がとれない患者へのケアも忘れる事は出来ません。

また逐次徘徊している患者がいないかを確認する為に巡回しつつ、事務作業も行う必要があります。

救急患者が来ればそちらに看護師を取られる形になりますので、最悪1人の看護師が数十人の患者を診なければならない…なんて事も十分にあり得るのです。

■日勤の看護師の業務内容
日勤の看護師の場合長時間拘束される事とはありませんが、別項でもあったようにやるべき仕事内容は非常に多く夜勤と比べて、身体的にもハードワークであると言えるでしょう。

検温や血圧測定、食事の運搬に食事の介助、回診には同行して医師をサポートして回り、その指示に従って処置をしていきますし、気付いたところの改善やケアも忘れる事は出来ません。

他にもベッドメイキングや患者の身の回りの整理整頓、新しく入院患者が来る時には付き従って案内や症状の確認、状態などを確認し記録しておきます。

無論引き継ぎの為の申し送りはしっかりと用意しておかねばならず、これを怠ると満足な患者の情報を伝える事が出来ず医療ミスに繋がり、準夜勤・深夜勤の方に迷惑をかける事になってしまいます。

ナースの就職状況について

■看護師の現状
何度か出てきたと思いますが現代社会では、少子高齢化による要介護者の増加に対して看護師の数が全国的に不足しているのが実情です。

別項で扱ったようにその業務内容による看護師(正看護師とも言われる)と准看護師では、後者が准看護師制度を廃する流れにあり、これからは准看護師の人数が更に減ってくると思われます。

臨床経験10年以上の准看護師には通信制の看護師資格を取る為のサポートも行っていますので、条件を満たした方は国家試験をクリアする事で看護師になれるよう措置が行われています。

しかし俄然看護師の不足は大きな問題点として懸念されているのも実情なのです。

■日本国外からの看護師受け入れも
2008年12月11日に発効した日本とフィリピンとの自由貿易協定(FTA)、そして経済連携協定(EPA)の機能開始によりフィリピン共和国国家資格を有している看護師を、国内での就労・研修後に看護師・介護福祉士の国家試験による免許取得を目指す為、日本の病院・介護施設への受け入れを行うようになったのです。

とは言え言葉の壁は高く医療を学ぼうとすれば、日本国内でコミュニケーションが取れるだけの語学力や協調性が必要となってきます。

それでも看護師を、福祉士を目指して来日している方々は意欲が非常に高く、平成22年に行われた第99回看護師国家試験において、来日した看護師候補者が初めて合格したのです。

その後も続くように第100回看護師国家支援ではインドネシア人15名、フィリピン人1名が合格し、今後もこう言った外国人看護師や福祉士など増えてくると言われています。

国や民族の境を越えて障害や病気に苦しんでいる人を助けようとする気持ちは、とても尊く美しいものだと言えるでしょう。

日勤のみ、夜勤なしで働くナースのデメリット

■日勤看護師のデメリット
夜勤なし日勤のみの看護師のデメリットはいくつかありますが、大きな点で言えば一番忙しい時間帯の勤務になりますので、他の時間帯と比べると肉体的にも精神的にもハードワークだと言えるところでしょう。

朝出勤してそのまま簡単に仕事に入れるわけではなく、前の時間帯を勤務していた夜勤からの申し送りから始まります。

これは夜勤を担当していた看護師と担当患者の状態や意見交換などを行う事を指しています。

そしてそれが終われば患者の検温や血圧測定、それから医師による回診のサポートについて回り、患者のケアなども一緒に行っていきます。

それが終われば今度は午前中にベッドメイキングなどの患者の身の回りの世話をしていき、落ち着いた頃には新しい入院患者のサポート、食事の介助とまだまだ仕事に終わりはありません。

次の時間帯の看護師が来るまでが日勤の仕事となり、今度は日勤から夜勤への申し送りを行って仕事も終わりとなります。

看護師の仕事は過酷だと社会的にも言われていますが、日勤には日勤のデメリットがある事を忘れないようにしましょう。

■夜勤組と比べると給与面で劣る
日勤で働いている場合時間外手当や夜勤手当がつきませんので、夜勤も行っている看護師と比べるとどうしても収入面で劣ってきます。

これは仕方のない事だと言えますが、その分時間が取れますので夜勤組と比べて収入のデメリットよりもメリットの方が優勢だと言えるでしょう。

ですが余裕があれば自分と同じような環境で働いている看護師との平均収入を比較して、改善の余地があるならば転職も一つの手段だと言えます。

その際には紹介している看護師専門転職支援サイトなどを是非とも活用して頂ければと思います。

日勤のみ、夜勤なしで働くナース

■日勤看護師のメリット
夜勤のない日勤のみの看護師のメリットと言えば、やはり規則あるバランスの取れた生活を送る事が出来る点に尽きるでしょう。

人間はライフバランスに敏感な為不規則な生活で寝不足や過労が溜まると、病気や疾病、最悪の場合死亡するケースさえあると言われています。

やはり基本的には昼働いて夜に休むのが正しい生活循環と言えますね。

また規則正しい生活を送れる為に適度な気分転換を日課とする事も出来ますので、ストレス発散や気分のリフレッシュに時間を作る事が可能です。

■一定期間ごとに休みを取れる場合が多い
日勤のみ、夜勤なしの看護師業務の場合、暦通りの休日とはいきませんが一定期間の安定したサイクルで休日をもらえる事が多いと言われています。

ですのでその休日を使って私用を済ませたり、各施設や機関に用事を済ませる事も出来ます。

土日祝日の休みですと施設や機関によっては休みとなっている事もありますので、ある意味平日にまとまった時間を取れるのもメリットだと言えるのではないでしょうか。

■子育て中の看護師には嬉しい
昼間のみの仕事になりますので育児などの時間も取りやすく、また育児を考えて夜勤のない日勤のみの医療機関を探す看護師も少なくはありません。

また各医療機関も日勤のみ、夜勤なしの求人を出している割合が高く、転職や就職する際に有利になるのも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

■同じ夜勤なしでも転職は慎重に
上記で求人が多いのも特徴ですが同じ夜勤なしの日勤でも、選ぶ時にはしっかりと検討してから転職する事を心掛けましょう。

確かに夜勤がないだけでも大きなメリットですが、待遇や特に給与面は妥協する事無く自分で納得出来る医療機関を選びましょう。

看護師として就職し、働くためには

■看護師になる為には
看護師の養成教育(看護教育)はこれまで主流だった看護専門学校だけではなく、近年の医療高度化や看護職の地位向上を背景に4年制の看護学部や医学部保健学科が増加しており、2011年4月時点では看護師養成教育機関の定員の41.3%が4年制大学の教育を受けています。

またこう言った大学を卒業して看護師になる方は今後更に増加するだろうと言われています。

上記のように看護教育を受けた後に看護師国家試験を受け、これに合格すると病院などの各医療機関に勤務する事が出来るようになります。

そこでの実地のキャリアや経験、継続的な卒後教育を積む事で、別項で詳しく扱いますが『認定看護師』と言った専門分野に関する認定を受ける事により、より広い範囲で看護に携わっていく事が出来るようになるわけです。

■日本における看護師の教育体制
看護師は上記のような看護教育の他にも看護高等学校(看護科・専攻科の5年間)や、看護専門学校、看護短大や看護大学(看護学部・医学部保健学科など)で養成教育が行われています。

そして卒業する事で看護師国家試験の受講資格を得る事が出来ますが、実際には卒業見込みの時点で国家試験を受験する事が出来ます。

しかし注意点としてその年度で卒業出来なかった場合は、たとえ試験が合格点以上でも不合格扱いとなりますので覚えておきましょう。

■看護師の職務責任との均衡
別項で出てきたと思いますが最近問題視されているのが、看護師の国家試験の難易度が易しい為に試験に合格して看護師となっても、その能力と職責の均衡が取れていない事が多いと言う事です。

特に近年は医学も非常に高度化しており、看護師としての能力もある程度求められてきていると言えるでしょう。

准看護師の仕事内容

■准看護師とは
良く看護師の他に准看護師なんて言葉を聞いた事がありませんか?

准看護師(略称・准看)とは准看護師学校(准看護師養成所)もしくは看護高等学校卒業後、都道府県知事試験の受験資格が与えられて、その知事試験に合格する事で都道府県知事から准看護師の免許が交付される事になっています。

気付く方はもう気付いたかもしれませんが看護師は『国家資格』、准看護師は看護師に準じるものであり『国家資格ではない』と言う事です。

当然業務内容にも看護師と准看護師が行う事が出来るものがあり、一般に准看護師の方が給与面でも看護師に比べると低くなっているのです。

■日本における准看護師の概要
日本で設けられている准看護師と言うものは、戦後の看護師不足を補うための暫定措置とされていました。

しかし段々と高度になってきた医療には専門的知識や技術が要求されるようになりつつあり、これによって日本看護協会では准看護師制度を廃止する心構えを取りつつも、看護師だけでも人材不足な現在、貴重な准看護師を一斉に廃止させる事は現実的に不可能と言われています。

尚現在准看護師の養成校は徐々に数を減らし始めており、2004年から10年以上准看護師として臨床経験のある方を対象に、看護師になる為の通信制の移行教育が始まっています。

2006年にはこの教育を受けた者が国家試験に受講しているのです。

■准看護師の業務状況
上記でもあるように看護師の指示を受けて准看護師が仕事をしているわけですが、実際には准看護師であっても看護師と同等の業務をしているところが多々あります。

無論日勤だけではなく夜勤もその業務内容に入っており、准看護師だから夜勤はない、とは限りませんので予め留意しておきましょう。

看護師の仕事について

■看護師とは
看護師とは一般に医療や保健、福祉などの場において

・医師等が患者を診療する際の補助

・病気や障害を持つ人々の日常生活における援助

・疾病の防止や健康の維持促進を目的とした教育

などの事柄を行う医療従事者の呼称とされています。

日本国内で看護師となるには日本の定めた看護専門学校、もしくは看護大学等の看護師養成課程における基礎看護教育を受けた上で国家試験棟の資格試験に合格し、これにより与えられる看護師免許を有している必要があります。

尚蛇足となりますが看護師が法律上、まだ看護婦と呼ばれていた時代はナースキャップや衣裳、靴、ストッキングもしくはタイツすべてが白色だった事から『白衣の天使』と言う別名もありました。

■日本における看護師の概要
日本国内における看護師とは、法的に『厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者もしくはじよく婦(褥婦:じょくふ/出産後の女性)に対する療養上の世話、または診療の補助を行う事を業とする者』と『保健師助産師看護師法(略称「保助看法」)第5条』にて定められています。

また同法第31条にて医師、歯科医師、看護師と准看護師以外の者が看護を行う事が禁止(業務独占)されています。

同法第42条の3では看護師や紛らわしい名称を用いる事が禁止されており、同法第42条の2では『正当な理由もなくその業務上知り得た人の秘密を漏らしてならない』と言う守秘義務も義務付けられていますので、少なからず看護師や准看護師の方であればまず当たり前の事だと覚えておきましょう。

看護師になるための方法は別項で詳しく扱いますが、現在看護師になる為の国家試験は比較的難度が易しくなっており、その職責と均衡が取れておらず能力の担保に結びついていないと言う課題があると言われています。

ナースパワーの評判

■ナースパワーとは
看護師専門の転職、就職支援サイトとしての歴史は25年を超える株式会社ナースパワー人材センター運営の『ナースパワー』。

培ってきた実績や信頼は非常に大きな魅力であり、全国で10万人以上の看護師が利用している優良看護師専門転職支援サイトの一つです。

利用するための費用は勿論無料でご利用出来ますし、利用の際の会員登録もパソコン操作が苦手な方でも簡単に登録する事が出来ますのでご安心下さい。

個人情報はしっかりと管理されますので、個人情報の漏えいなどの心配もありません。

常時日本全国8000件以上の求人案件を用意していますので、転職や就職の際に有効に活用する事が出来ますし、即応募が可能な為急ぎの方には特にお勧め出来ると言えますね。

■『ナースパワー』は常勤やパートに強い
全国13ヶ所に拠点を設けている『ナースパワー』ですから、その求人案件の種類が多く、とりわけ常勤のみや夜勤なし、もしくはパートなどの求人も豊富です。

また『ナースパワー』ならではのサービスとして『都市圏応援ナース』と言うものがあり、条件さえクリアしていれば確実に月収45万円以上を得る事も出来ます。

『ナースパワー』のホームページでもその条件は記載されていますが…

・『ナースパワー』会員登録者である事

・原則3年以上の病院勤務経験者である事

・看護師として職業意識が高く協調性がある事

・業務に真摯に取り組む責任感がある事

などが必要な条件となっています。

■希望する医療機関が求人を出していなくてもチャンスあり!
『ナースパワー』の求人案件の中に希望する医療機関がなくても諦める事はありません。

専任のコンサルタントが希望する医療機関に直接掛け合い、求人内容などを確かめてくれますので転職、もしくは就職出来る可能性もあり得ます。

看護のお仕事の評判

■看護のお仕事とは
レバレジーズ株式会社運営の看護師専門転職支援サイト…それが『看護のお仕事』です。

サポート範囲は日本全国に広がっており地方の方でも安心して、転職や就職の際に利用する事が可能となっています。

その利用者は毎月21万人以上と非常に優良な転職支援サイトとして知られており、24時間電話での対応も行っていますので、時間に余裕がない方でも利用する事が出来ます。

会員登録する事で人気の求人が集まっている非公開求人を見る事が出来ますし、登録自体も約60秒あれば完了しますので、是非とも会員登録を行って利用するように心掛けましょう。

電話からの申し込みも可能ですがお互いの言い間違いや聞き間違いを未然に防ぐ為に、『看護のお仕事』のホームページからの登録をお勧めします。

また様々なキャンペーンを実施しており、一例では『看護のお仕事』を利用して転職、就職された方に転職支援金を最大で5万円をプレゼント…などがあります。

ご利用の際にキャンペーンを行っているようであれば、こちらも是非とも利用するようにしましょう。

■日勤のみ、夜勤なしでも大丈夫!
転職理由に多く見られる『夜勤』ですが、勿論夜勤なし、日勤のみでの求人も多数取り揃えています。

求人件数は10000件以上、更に多数の非公開求人を扱っていますので、拘った求人もきっと見つかる事でしょう。

社会的にもハードワークで知られる看護師の仕事ですが、同じハードワークであっても好条件、高給与のところで勤務した方が張合いも出ます。

必ずしも転職が有効と言うわけではありませんが、現在の職場環境では看護師としての仕事自体が嫌になりそうな方は、新天地への転職を考えてみると良いでしょう。

また相談にも乗ってくれますので別の改善策が見つかるかも知れませんね。

CBネットの評判

■CBネットとは
『CB(キャリアブレイン)ネット』は看護師専門転職支援サイトだけではなく、医療全般の転職、就職をサポートしている有名『株式会社キャリアブレイン』運営のサイトです。

『CBネット』独自の情報網を持っており日本全国津々浦々、非常に広い範囲での就職や転職を支援してくれますし、期間限定ながら『転職相談キャンペーン』と言う看護師限定のカウンセリングを受けた常勤希望の方全員に、なんと商品券1万円分をプレゼントするなど、豊富なキャンペーンも随時実施中。

人気がある緊急の欠員補充や若干名の募集のような応募が殺到する求人を、非公開で沢山持っていますのでそれらを閲覧出来るようにする為にも会員登録をお勧めします。

尚問い合わせなどは電話でも行えますし申し込みも可能ですが、『CBネット』ホームページ上から簡単入力で行う事が出来ますのでそちらのご利用を心掛けた方が良いでしょう。

■『CBネット』が選ばれる2つの理由
『CBネット』が看護師に選ばれる理由の中に『スカウトシステム』と『転職支援サービス』があります。

前者は匿名で利用する事が出来、それを閲覧した医療機関から直接スカウトを受ける事が出来るようになっています。

また『スカウトシステム』を利用しながらでも、気になった医療機関を直接見学する事も出来ますので、転職や就職を急がない方にお勧め出来るサービスだと言えるでしょう。

後者の『転職支援サービス』は他の看護師専門転職支援サイトと同様に、専任のコンサルタントが希望、要望に沿った求人を探してくれるものです。

勿論探すだけではなく面接日の段取りから面接に同行して、聞きづらい給与、待遇面での交渉を代行してくれますので、転職や就職を急ぐ方や万全のサービスを希望するには向いていると言えます。

ナースフルの評判

■ナースフルとは
月間利用者数はなんと20万人を超えると言われている、こちらも負けず劣らずの有名看護師専門転職支援サイト『ナースフル』。

何故これだけの利用者いるかと言うと転職のプロフェッショナルと名高いリクルートグループが、運営している点が大きな要因だと言えますね。

その実績を示すように『転職支援実績第1位』『認知度第1位』『信頼度第1位』と華やかな業績が数値で表れています。

扱っている求人も非常に豊富で『ナースフル』でなら、きっと希望にあった職場が見つかると思います。

■非公開求人には好条件・高給与が一杯!
これはどこの看護師専門転職支援サイトでも言える事ですが、好条件や高給与の職場の求人は一般に公開すると応募が殺到してしまう事から、非公開に公開しているケースが多いです。

『ナースフル』もその例に漏れず非常に多くの非公開求人を扱っていますが、それを閲覧する為には会員登録が必須となっています。

プライバシーの保護は万全ですし、これを機会に登録してみると良いかも知れませんね。

特に日勤のみ、夜勤なしなどの好条件は非公開求人の方に集まっていると言えますので、夜勤のない看護師生活を考えるのであれば是非ともお勧め致します。

■専門アドバイザーにお任せ
看護師専門転職支援サイト『ナースフル』は転職希望でも探す時間がない人に代わって、希望に沿った求人を探してくれるようになっています。

これにより時間が取れない人でも自分の希望通りの求人を見つける事が出来ますし、また転職ではなくこれから就職をする人にもお勧めです。

初めての面接でも専門アドバイザーが同行してくれますので、自分では言いづらい条件面での交渉も万全です。

ナースではたらこの評判

■ナースではたらことは
看護師専門転職支援サイトとして推しも推されぬ有名サイト…それがディップ株式会社運営の『ナースではたらこ』です。

その優れたサービス内容はここ数年『看護師人材紹介顧客満足度第1位』を取っている事からも察する事が出来ます。

勿論個人情報保護にはセキュリティー万全の体制を取っていますし、登録から入職もしくは転職まで無料で強力にサポートしてくれます。

また期間限定ながら様々なキャンペーンを行っており、運が良ければ入職、転職するだけでキャリアアップ支援金を最大で30万円ももらえるなんてものも。

■まずは会員登録を!
あまりに人気がありすぎて普通に求人公開をすると申し込みが殺到する恐れのある優良求人は、基本的に非公開求人扱いとなっている事がほとんどです。

じゃあ見れないの?と思われるかも知れませんが、『ナースではたらこ』に会員登録するだけで見る事が出来ちゃうのです!

上記でもあるように登録に関しても完全無料となっていますので、ご利用の際には是非とも会員登録を…蛇足ですが電話からの登録も可能ですが、言い間違い聞き間違いなどのトラブルを避ける為にも、『ナースではたらこ』ホームページからの登録をお勧めします。

■『ナースではたらこ』ならではの『逆指名転職』!
知っている、もしくは身近に医療機関で働きたいけど求人が出てない…。

何て言うケースは良く体験した事があるのではないでしょうか?

『ナースではたらこ』では求人が出ていなくても、専任のコンサルタントが間に立ってその医療機関と交渉してくれます。

求人情報から条件までを調べてくれますので、上手くいけば希望の職場に転職する事も!?

こう言ったサービスを行っている看護師専門転職支援サイトはなかなかありませんが、『ナースではたらこ』なら希望している医療機関が求人を出していなくても諦める事はありません。